ニュース&ブログニュース&ブログ
NEWS & BLOG
ニュース&ブログ


~ エグゼクティブコーチのブログ ~
(本田賢広オフィシャルブログ)

BLOG

【「どうすればいいと思う?」と訊くと、メンバーがフリーズするわけ】 

本田賢広です。いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今回は【「どうすればいいと思う?」と訊くと、メンバーがフリーズするわけ】
と題し、お届けいたします。

多くのマネジャーが、コーチングはメンバーに解決策を出させるのが目的だと思い、
「どうすればいいと思う?」とアクションプランばかり問いがちです。
その結果、メンバーは大抵フリーズします。なぜでしょうか。

メンバーが相談した内容は、今この場で発生したものではなく、
少し前に現場で発生したものです。
人はその瞬間に自問自答を始めます。

「どうしてうまくいかないんだろう?」「どうすればいいんだろう?」と
メンバーは何百回と自問自答を繰り返している折、
「どうすればいいと思う?」と訊かれると
(それが分からないから相談したんですけど…)
とも言えず無言になるのです。

では、どんな質問をすれば良いか。
「どうすればいい?」と解決策を訊くのではなく、
「どうなったら嬉しい?」など理想的な結果(=ありたい姿
について訊くと、新たな自問自答のサイクルが回り始めます。

例えば車の運転で、行き先が不明確なのに
ハンドルを右に切るべきか左に切るべきか、
いくらアクション(解決策)を考えても答えは出ませんが、

「東京タワーに行きたい!」と明確かつ具体的に
行き先(ありたい姿)が決まると
自信を持って「このルートで行く、だからここは右」
のように決まるのと同じです。

コーチングの目的は解決策を言わせることではなく、
ありたい姿に気づく支援をすること

上司がメンバーにコーチングする目的は、自律型人材の育成です。
自律型とは、上司がいなくても、自ら考え動き、
その結果は自分ごととして受け止め学びにし、
さらに前に進もうとする人材です。

だとすると最も大切なことは解決策を言わせることではなく、
メンバーが「どうしてもそこに行きたい!」と心から望む、
自らのありたい姿に気づくことです。

先の運転の例と同様、ありたい姿に気づければ自ずと、
自ら動きたくなる解決策は見えてきます。

まず、メンバーが「何を答えてもいいのだ」と
リラックスできる心理的安全性を醸成します

その上で課題ではなくメンバー本人にフォーカスし、
例えば以下のような質問をすると、自問自答する中で徐々に
本人にありたい姿が見えてきます。

●本当はいつどこで、誰とどんな風にそれが実現したら
ワクワクし、嬉しいか

●よくぶつかるその人と、本当はどんな関係を築き
どんな言葉を交わしたいのか
それができる自分になれたら、人生において
どんな価値がありそうか

●理想的にはどんな自分でありたいか
どこでどんな人と仕事をし、どんな存在感を放っていたいか
それが実現するとどんな気持ちになりそうか

コーチングは「気づかせる、気づきを与えるもの」という言葉を
よく耳にしますが、もし私たちが上司から
「気づかせよう」「気づきを与えてやろう」と
接しられたらどうでしょう?

何か上から目線のように感じ、あまりいい気分は
しないのではないでしょうか。

真のコーチングは、相手(メンバー)をリスペクトする横の関係
深い傾聴の中で、自問自答の質問をニュートラルに投げかけた結果、
メンバーは話し、その声を自らの耳で聴くうちに
「自分にとって価値のあること」に勝手に気づくものです。

理想の自分がはっきり見え、そして私たちがその実現を信じ
力強く応援したとき、人は自律的にチャレンジできるのでは
ないでしょうか。

言うのは簡単、行うことは難しいですが、
自転車に乗れるようになるのと同様、
意識し続ければできるようになります。
ぜひ、ご一緒にチャレンジしてみませんか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
いつも応援しています!

メールマガジンご登録

以下↓をクリックいただくと、
ご入力フォームに進みます。

各種お問い合わせ・
取材のご依頼など

ご相談・ご質問等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。